syco訳 

原文はここ

Elevation

Kingdom Come

Marquee Moon

Without a Ward

 

Without a Word

自分は幸せだった
偽りの幸せ
目を閉じながら
ローラはそう語った
明かりが一つずつ
消えていく
名前は忘れられ
家に暗闇が残る

それでローラは水辺に来た
言葉無しに、息を殺しながら
ローラは水辺に来た...

彼女を心から理解してるという男は何処だ
他にも相手がいるということをちっとも気にしない男
彼女は手のひらに
冷たさを感じる
砂の上に咲き乱れる
ゆりを見ながら

それで、ローラは水辺に来た
言葉無しに、息を殺しながら
ローラは水辺に来た...





Kingdom Come


激しい雨の降る中を僕は歩いた
そして空ろな泣き声を耳にした
判決を下す顔が僕の部屋に光って見えた
どこか遥か遠い土地で、もう一日欲しい
神様、もう一日だけ、僕にくれ

そう、神の国が来るまで僕はこの岩を壊し続ける
そして神の国が来るまでこのわらを刈り続ける
そうだよ、神の国が来るまで僕はこの岩を壊し続ける
神の国が来るために、こなさなくてはいけない僕の懲役

川は黒く淀んでいるけど、透き通るだろう
そして、僕をここにいるわけも良くわかってる
僕は焼け付くような陽射しの中の奴隷に過ぎない
夜をくれ、もう我慢できない
どうか夜をくれ

そう、神の国が来るまで僕はこの岩を壊し続ける
そして神の国が来るまでこのわらを刈り続ける
そうだよ、神の国が来るまで僕はこの岩を壊し続ける
神の国が来るために、こなさなくてはいけない僕の懲役


太陽は照り続け、壁は一マイルも高くそびえる
あの塔の上から、奴等は見てる 僕の死を望みながら
でも神の国が来たなら、あの小部屋を開くだろう
神の国が来たら、もう岩など砕かない
そうだよ、奴等はあの小部屋を開くだろう
神の国が来たならもう奴等に従わない
神の国の慈悲を乞う
神の国が来たなら、ぼくを救ってほしい
もう岩は砕かない
もう岩は砕かない
もう岩は砕かない
神の国が来たなら



Elevation

最後の言葉は消えてなくなった
君はそう言わないの? 言ってくれよ
今夜この海岸で浅い眠りに就く
僕はこの海岸で暮している

潮よ満ちるな、僕を頭まで沈めるな
潮よ満ちるな、僕を頭まで沈めるな
潮よ満ちるな、僕を頭まで沈めるな

今度は君は問題も起さないが、助けてもくれない
助けになるのは道化役だけ
夜この海岸で浅い眠りに就く
僕はこの海岸で暮している

潮よ満ちるな、僕を頭まで沈めるな
潮よ満ちるな、僕を頭まで沈めるな
潮よ満ちるな、僕を頭まで沈めるな

口は閉じられる、息は熱い
この冷たい海からの風で、気が変になる
今夜この海岸で浅い眠りに就く
僕はこの海岸で暮している

潮よ満ちるな、僕を頭まで沈めるな
潮よ満ちるな、僕を頭まで沈めるな
潮よ満ちるな、僕を頭まで沈めるな





Marquee Moon


闇が二倍に濃くなったのを憶えている
稲妻がぶつかり合っていたのも思い出す
僕は聞いていた 雨の音を聞いていた
僕は聞こえた 何か他の音が聞こえた

ここの騒々しい生活が僕の夜をくしゃくしゃに縮めた
死のキス、生の抱擁
ほら、僕はマーキームーンの下に立って
ただ待っている

そこの道を行ったところに一人の男がいて
僕は尋ねた どうして正気でいられるのかって
彼は言った 「ごらんよ、若いの、浮かれ過ぎずに
そしてもちろん 落ち込み過ぎるなってことだ」

ここの騒々しい生活が僕の夜をくしゃくしゃに縮めた
死のキス、生の抱擁
ほら、僕はマーキームーンの下に立って
一歩も踏み出せないでいる

一台のトラックが、墓地から出てきた
僕の前でぴたっと止まり、中から、「乗れよ、乗れよ」 と声がする
そしてそのトラックは、また墓地の中へとのろのろと入っていく
僕はというと、再び車から降りた

ここの騒々しい生活が僕の夜をくしゃくしゃに縮めた
死のキス、生の抱擁
ほら、僕はマーキームーンの下に立って
もうこれ以上は待てない