■ Tom Robinson Band ■

SYCO訳

原文はこちら

2-4-6-8 Motorway

次の休憩所まであと半分、俺はトラックを走らせる
フェアレーン・クルーザーが左手から近づく
ヘッドライトを光らせ、窓に打ちつける雨の中を走る
ヒッチハイクを試みるまだ若いレディ・スターダスト...そして

2−4−6−8 まだ間に合う
俺とラジオは夜を走り抜ける
3−5−7−92本の白線の上を
朝の光を放ちながら、ハイウェイに太陽が顔を出す

前輪駆動のスタリオンにカッコ良く座るませガキ
この古い10トントラックに追い越されたら
悪い仲間と付き合っている意味が無い
誰も『噂の人物』を負かせはしない

2−4−6−8 まだ間に合う
俺とラジオは夜を走り抜ける
3−5−7−9 2本の白線の上を
朝の光を放ちながら、ハイウェイに太陽が顔を出す

俺達を見失うルートなんて存在しない
オマエが良いか悪いかなんて誰にもわからない
道が何処に連れていってくれるかなんて誰にもわからない
ただこの道に車を走らせ家路に向かう

2−4−6−8 まだ間に合う
俺とラジオは夜を走り抜ける
3−5−7−9 2本の白線の上を
朝の光を放ちながら、ハイウェイに太陽が顔を出す