SYCO訳


My Jeans


オーライ

そうさ、僕のジーパンはもうボロボロ
リーバイスはもうたくさん、だってはいてみたんだけど
腰が動く隙間も無いし
僕のおしりは罠に嵌まった気分
リーバイスばかりが出回っている
ラングラーがあるといいんだけど
店の中を引っかきまわしても
ラングラーが見つからないから、さぁ出よう
僕のジーパンはもうボロボロだよ
僕のジーパンはほんとにボロボロ

オゥオゥ

リーバイスじゃだめなの?
リーバイスじゃだめなの?
だって、僕にぴったりあったためしがない
どんなサイズをはいてみてもね
リーバイスじゃだめなの?
リーバイスじゃだめなの?
あれはおしりが合わないし、ウェストも股もダメ
僕のジーパンはもうボロボロ
あぁ、僕のジーパンはほんとにボロボロ

この店はラングラーを置いている
31インチのサイズまであるよ
28ドル? えっ、ちょっと待ってよ
でも、僕のジーパンはほとんどはきつぶしてる
僕のジーパンはボロ布のよう
僕のジーパンは危篤状態
もうラングラーのラベルも剥げてるし
擦り切れて、糸の間から膝も見える
僕のジーパンはもうボロボロ
僕のジーパンはほんとにボロボロ

みんなに言ってよ

彼のジーパンはもうボロボロ
イェーィ、言ってくれたね
彼のジーパンはほんとにボロボロ
それで?
僕のジーパン、僕のジーパン

オーケー、みんな、

デューディデュー、デューデューデューデュー
デューディデュー、デューデューデューデュー

Alright

Well my jeans they are a frayin'
And don't talk Levi's because I've tried
My hips they had no room to play in
and my little bum felt all trapped inside
There's Levis all around
If there was Wranglers I would know
I'd turn the whole store upside down
and they don't got Wranglers so let's go
I said my jeans they are a frayin'
I said my jeans they are a frayin' very bad

Uh oh

Why not Levis?
Why not Levis?
Cause they never seem to fit me
No matter what the size
Why not Levis?
Why not Levis?
Well the bum never fits, nor the hips nor the thighs
I said my jeans they are a frayin'
Oh my jeans they are a frayin' real bad

This store's got Wranglers in 'em
Even got size 31
28 bucks- now wait a minute
But these jeans they're almost done
My jeans are nearly rags
My jeans are almost dead
And they've lost their little Wrangler tag
And you can see my knees right through the threads
I said my jeans oh they're a frayin'
Oh my jeans they are a frayin', real bad

Tell them

His jeans they are a frayin' so bad, so bad.
Yeah you said it.
His jeans are frayin' so bad, so bad.
What about it?
My jeans, My jeans.

Ok fellas.

Doo didoo doo doo di doo doo doo doo doop de doo de doo doo doo
doo doo de doo doo.


I Must Be King

そう、ボクは簡単に泣くし、簡単に笑う
情にもろいボクを君は不思議に思う
前は恋に焦がれていたけど、今は歌を唄う
そして君がボクのクイーンなら、そうさ、ボクは君のキングだね

ボクと君は兄弟みたい
ボクは君の伴侶となるよ
君はヒミツを教えてくれて
そう、肩を寄せ合って生きる

そう、この楽しい日々、思いきり笑う
君がボクの連れ合いなんだって思うだけで
未だには感動しちゃうんだ
そしてボクらはつがいの小鳥なら、そうさ、今は春に違いない
それで君がボクのクイーンなら、そうさ、ボクは君のキングになるね

ボクと君は兄弟みたい
ボクは君の伴侶となるよ
君のヒミツを知って
そう、肩を寄せ合って生きる

この楽しい日々、ボクはうなずく
ただ君がここにいるだけで、君がベッドに横たわっているだけで、
ボクは感動してしまう
ボクらが音楽なら、きっとスィングだね
だって君はボクのクイーンで、
だって君はボクのクイーンで、だって君がまさにそれで、
そうさ、ボクは君のキングとなるね


アルバムインデックスに戻る


ジョナサン・リッチマン・リポートに戻る


他のアーチストの曲の訳詩