Kinks
SYCO訳

原文はここ

Animal Farm
Dedicated Follower Of Fashion
Lola
Session Man
She Bought A Hat Like Princess Marina
Sunny Afternoon
Village Green
The Village Green Preservation Society
A Well Respected Man
Waterloo Sunset




Dedicated Follower Of Fashion

ここでもあそこでも人気者
ド派手な服装で、決して流行には遅れない
生かすも殺すも服次第、だから最新の服を買う
なぜなら彼は献身的な流行の崇拝者だから

彼の散歩のコースは
ロンドン中のプティック
最新の流行やトレンドを熱心に物色する
なぜなら彼は献身的な流行の崇拝者だから

そうだよ、そうだよ、
自分は観賞される花だと信じてる
そしてフリルのナイロン・パンツをぴっちりとはけば
献身的な流行の崇拝者を満喫できる

そうだよ、そうだよ
彼は何が好きかといえば、自分の格好を誉められること
今週は水玉だと思ったら、次の週はストライプ
なぜなら彼は献身的な崇拝者だから

ここでもあそこでも人気者
リージェント・ストリートからレスター・スクエアまで
カーナビー軍団が行進する
どれもみんな献身的な流行の崇拝者

そうだよ、そうだよ
彼の世界はディスコとパーティー
快楽を追求する一個人はいつもカッコよくなきゃ
なぜなら彼は献身的な流行の崇拝者だから

そうだよ、そうだよ
店から店へと蝶のように飛ぶ
服にかけてはその飽きやすさもお見事
なぜなら彼は献身的な流行の崇拝者だから
献身的な流行の崇拝者だから
献身的な流行の崇拝者だから

 



Waterloo Sunset

濁った古い川、鈍く波打ちながら
夜へと流れていく
忙しそうな人々、見てるだけで目眩がする
タクシーのヘッドライトが明るく輝く
でも、僕は仲間はいらない
ウォータールー橋に夕日を見つめるだけで
天国にいる気分

毎日、窓から世界を覗く
でも、肌寒い夕暮れ時の
ウォータールー橋の夕焼けは素晴らしい

テリーとジュリーは毎週金曜日に
ウォータールー駅で会う
でも僕はとても怠け者だから、出歩くのは嫌い
夜は家にで過ごす
でも寂しくなんかない
ウォータールー橋に夕日を見つめるだけで
天国にいる気分

毎日、窓から世界を覗く
でも、肌寒い夕暮れ時の
ウォータールー橋の夕焼けは素晴らしい

何万人もの人がウォータールーの地下鉄の駅に
蝿のように群がる
でも、テリーとジュリーは橋の向こう側で
ほっと一息をつく
そして、あの二人も仲間などいらない
ウォータールー橋に夕日を見つめるだけで
ふたりは天国にいる気分

ウォータールー橋の夕焼けは素晴らしい



Village Green

遠くの田舎
町のすすや騒音から遥か離れたところ
そこに緑の村がある
僕が最後に教会の尖塔に目を留めてから
長い年月が経ってしまった
緑の村
そこは僕がデイジーという名の少女に出会ったところ
樫の木の下でキスを交した
デイジーを愛していたけど名声に憧れて
緑の村を僕は出た

緑の村を恋しく思う
そしてそこの素朴な人達
緑の村を恋しく思う
教会、時計台、尖塔
朝露、澄んだ空気、日曜学校が懐かしい

今ではたくさん家が建ち
高価なアンティークの店も建ち並び
アメリカ人の旅行客が群れを成してやってくる
写真をパチパチとって 『あら、まぁ、
なんてカワイイ村なの?』 なんて言っている
そして、デイジーは八百屋のトムと結婚した
そして今では店を持つ

緑の村を恋しく思う
そしてそこの素朴な人達
緑の村を恋しく思う
教会、時計台、尖塔
緑の村が懐かしい
朝露、澄んだ空気、日曜学校が懐かしい


あそこに帰りたい
僕とデイジー
お茶をしながら笑う
緑の村について語る
僕らは緑の村の事を語りながら笑う




A Well Respected Man

なぜなら彼は朝起きて
9時には仕事に行き
5時半には帰宅
いつも同じ電車に乗る
彼の世界は時間通りに回るから
決して失敗することはない

彼は本当に優秀
そして本当に立派
おまけにとっても健康
心も身体も
彼はこの辺ではとっても尊敬できる人物
着実に最善を尽くしてる

彼の母親が集会に行ってる間に
彼の父親はメイドを口説く
彼の母親は国際株式市場の話をしながら
市会議員とお茶を飲む
そして若い、いい男をがいると
色目も使うが金も使う

なぜなら彼は本当に優秀だから
そして本当に立派
おまけにとっても健康
心も身体も
彼はこの辺ではとっても尊敬できる人物
着実に最善を尽くしてる

そして彼は自分の裏庭が好きで
自分のタバコが最高だと思ってる
なぜなら彼は自分が一番
自分から出る体臭も大好き
そしていつか親父が死んだら
その財産を掴もうと待っている

なぜなら彼は本当に優秀だから
そして本当に立派
おまけにとっても健康
心も身体も
彼はこの辺ではとっても尊敬できる人物
着実に最善を尽くしている

そして彼は株式で遊んで
ヨットレースにも行き
隣に住む女の子に憧れる
彼女をモノにしたくてたまらないんだけど
結婚については
ママが一番よく知っている

なぜなら彼は本当に優秀だから
そして本当に立派
おまけにとっても健康
心も身体も
彼はこの辺ではとっても尊敬できる人物
着実に最善を尽くしてる





She Bought A Hat Like Princess Marina

あの娘はマリーナ妃がかぶるような帽子を買った
集まりには何処でも被っていく
窓ガラスを拭く時もかぶってる
階段を磨く時もかぶってる
でもアスコットの競馬場で彼女は見ないね
時間も金もないのさ
でもあの娘はマリーナ妃がかぶるような帽子を買ったから
そんなことは気にしない

あの男はアンソニー・エデンがかぶるような帽子を買った
男爵みたいな気分にしてくれるから
でもロールスロイスやベントレーは乗ってないね
中古のフォードに乗っている
女房、子供を食わせにゃならない
おまけに靴や着る服も与えなきゃならない
でもあの男はアンソニー・エデンがかぶるような帽子を買ったから
そんなことは気にしない

十円恵んでくれないかい?
女房が腹を空かしてるんだ
おまけに子供も泣いている
貧乏のおかげでプライドも消えちまいそうだ
恵んでくれないかい? 十円恵んでくれないかい?

あの娘はマリーナ妃がかぶるような帽子を買った
近所仲間は言う、あんたにぴったりよって
でも戸棚に何の食料もないし
通り一帯も飢えている
でも、あの娘を見てごらん、すっかり金持ちの気分だよ
だってほんとの億万長者のような笑みを浮べてるし
マリーナ妃のかぶるような帽子も買った
だから気にしない、気にしない、気にしない、気にしない




Animal Farm


この世は大きくて、騒がしくて、半分狂っている
僕を動物達が遊んでいるところに連れていってくれ
ただの古くて汚い掘っ建て小屋
ハウンド犬が吠えるところ
それが僕が我が家と呼ぶところ
あそこに戻りたい
犬や猫に囲まれた
豚ややぎに囲まれた
動物農場
僕の動物農場
動物農場
僕の動物農場

枕に頭を落として寝ていると
小さな女の子が、遊そぼうと窓の外に来る
かなりと遠くから来てるのだけど
ここはとても安全だ
怖がる必要はない
僕の側に来る
空は広いし
太陽の光を存分に浴びよう
動物農場
僕の動物農場
動物農場
僕の動物農場

ねぇ、きみ、世の中はとってもとっても辛いところ きみが悲しくなったら
この悪い世の中では夢さえ消え失せてしまう
僕はきみを本物の動物達が、遊んでいるところに連れて行くよ
そこでは人間は真の人間だ ただ、何かのふりをしているだけじゃない
そこは、静かな静かな場所
古くて汚い掘っ建て小屋
それを僕は我が家と呼ぶ
あそこに戻りたい
犬や猫に囲まれた
豚ややぎに囲まれた
動物農場
僕の動物農場
動物農場
僕の動物農場




Sunny Afternoon


税務署の奴が俺の財産全部持って行き
残ったのはこのデカい家だけで
ごろごろして過ごす陽射しの強い午後
ヨット遊びもできない
奴がみんな持って行った
今俺にあるのは陽射しの強い午後だけ

絞り上げから俺を助けてくれよ
太ったおふくろが俺を殺しかねないぜ
楽をして暮らしたい
贅沢三昧してみたい
ごろごろして過ごす陽射しの強い午後
夏の一日
夏の一日
夏の一日

ガールフレンドが俺の車を取って行き
親の家に逆戻り
俺が酒飲んで暴力振るうと言いつけてる
それで俺はここに座って
冷えたビールをすすってる
ごろごろして過ごすの午後

どこかに俺を流してくれよ
でなかったら、俺がここに居なきゃいけないわけを教えてくれよ
だって楽をして暮らしたい
贅沢三昧してみたい
ごろごろして過ごす陽射しの強い午後
夏の一日
夏の一日
夏の一日



Lola


僕が彼女に出会ったのは萎びたソーホーのクラブ
そこはシャンペンを頼んでも、コカコーラの味がするような所
C-O-L-A コーラ
彼女は僕に近寄ってきて、踊らないかと誘うんだ
名前を聞いたら低いダミ声が返ってきた「ローラ」
L-O-L-A ローラ

ボクはそれほど体格が良い男じゃないけれど
彼女がボクをぎゅっと抱きしめた時、背骨が折れるかと思った
あぁ、ボクのローラ、ロ、ロ、ロ、ロ、ローラ
ボクは馬鹿じゃないはずなんだけど、解んないことがある
なんでローラは女みたいに歩くのに、男みたいに話すのか?
あぁ、ボクのローラ、ロ、ロ、ロ、ロ、ローラ

それでもボクらは、シャンペンを空け、一晩中踊り明かす
電気で光るキャンドルの火の下で
ローラは僕をひょいっと持ち上げ、膝に乗っけて言うには
「あんた可愛い。 私の家に寄っていかない?」
ボクは恋に落ち易いタイプではないはずなんだけど
ローラの目を見たら、思わずで恋に落ちてしまう。
ロ、ロ、ロ、ロ、ローラ、ロ、ロ、ロ、ロ、ローラ

ボクは彼女を押しのけて
ドアから出た
そこでつまづいて転び
膝を着いて顔を起した
そこでボクはローラを見て、ローラもボクをじっと見る

今のままでいたいし
ローラのために変わりたいとも思わない
ロ、ロ、ロ、ロ、ローラ
男が女になり、女が男になる
混乱した、ごちゃ混ぜの、支離滅裂な世界、でもローラは違う
ロ、ロ、ロ、ロ、ローラ

ボクは一週間前に家を出たばかりで
女の子にキスした経験もない
でもローラは笑ってボクの手を取って言う
「可愛い子、あんたを男にしてあげる」

ボクは男らしいって言うほどの男じゃないけれど
でも男だという自覚はあるし、男に生まれてよかったって思っている
そしてローラも
ロ、ロ、ロ、ロ、ローラ、ロ、ロ、ロ、ロ、ローラ
ローラ、ラ、ラ、ラ、ラ、ローラ、ラ、ラ、ラ、ラ



Session Man

彼は決して忘れない
アルバートホールでプレイしたその日のことを
すでに百万回も前のように思える
彼はセッションマン
コードを追う人
一流のミュージシャン

ロックンロールスターでも
フィルハーモニーオーケストラでも
彼にとっては同じ事
彼はセッションマン
コードを追う人
一流のミュージシャン

考える事も要求されず、ただプレイするだけ
セッションマン
セッションマン
セッションマン
毎日別のスタジオでプレイするだけ

符を読み弾いていく
いつも時間通りに終り
残業も無く、無理も強いられない
彼はセッションマン
コードを追う人
一流のミュージシャン

考える事も要求されず、ただプレイするだけ
セッションマン
セッションマン
セッションマン





The Village Green Preservation Society


僕らは『緑の村保護団体』
天は、ドナルドダックとヴォードビルとヴァラエティ・ショーを救う
僕らは『すてばちダンを尊ぶ会』
天は、いちごジャムとすべての品種を救う
古いしきたりが乱用されないよう保護しながら
新しいものも君や僕のために守ってくれる
僕らにもっと何ができる?
僕らは 『生ビールを保護する会』
天はモップ氏とレイリーおばさんを救う
僕らは『カスタードパイ愛好協会』
天はジョージ・クロス勲章と、それを貰ったすべての民を救う
僕らは『シャーロック・ホームズの英語を話す会』
天は、フーマーンチューとモリアーティ教授とドラキュラを救う
僕らは『雑居ビル建設に反対する会』
天は、商店街や陶器のカップや純潔を救う
僕らは『高層ビル建設を非難する会』
天は、チュダー式家屋、アンティーク机、ビリヤードを救う
古いしきたりが乱用されないよう保護しながら
新しいものも君や僕のために守ってくれる
僕らにもっと何ができる?
天は緑の村を救う