Depeche Mode
SYCO訳

原文はここ

Blasphemous Rumours
People are People
Somebody

People are People

同じ人間なのにどうして
僕と君はこんなに上手く行かないんだろう?
人種も違うし
宗教も違う
欲しいものもそれぞれ違う
別に僕は何もしてないんだけど
君が僕を憎んでるのは明らかだ
僕は君に会った事すらない
だから僕が何をしたというんだ
理解出来ない
なぜ人類は
憎み合うのか
解るように教えて欲しい
同じ人間なのにどうして
君と僕はこんなに上手く行かないんだろう
解るように教えて欲しい

君は僕を殴る、蹴る
そして僕に向かって罵詈を吐く
君も良識があると信じているのに
見る限り、それが表に出ていない
でも絶対君にも良心はあるはずだ
ただ君の頭から行動へとシグナルを送るのが
時間が掛かるだけなんだ
僕は解らない
なぜ人類は
憎み合うのか
解るように教えて欲しい

Blasphemous Rumours

16歳の少女 人生はこれから
人生に飽きて 手首を切った
未遂に終った
慈悲をくれた神に感謝

涙を堪え、母はもう一度遺書を読む
16本のろうそくが 心の中に火を灯す
いつものように、自分を責める
跪いて神に祈る

冒涜するような噂を広めたくないが
神はきっとブラックジョークがお好きで
天国に行ったらきっと、神が大笑いしてるのを見ると思う

16歳の少女 全てを愛し
キリストの中に新しい人生を見つけた
車に轢かれ、
植物人間となる

ある夏の日に、彼女は逝った
夏の空に鳥がさえずる
そして、雨が降り始め
再び母の目から 涙が落ちる

冒涜するような噂を広めたくないが
神はきっとブラックジョークがお好きで
天国に行ったらきっと、神が大笑いしてるのを見ると思う

 

Somebody
僕は欲しい
誰か僕と一生をともにしていく人
僕の奥底の部分を共有出きる人
僕の細部まで知り尽くせる人
僕の側にいて
いつも支えてくれる人
そしてそのお返しに
彼女は僕に支えられる
僕らが住んでるこの世界や
人生一般のことを
僕が話す時
間違ってるかもしれないのに
耳を傾けてくれる人
かなり屈折してても
彼女は最後まで聞いてくれる
そして僕の考えに
簡単には納得しない
実際はかなり意見が食い違う
でも、最後には
僕を理解してくれる
あぁ...。

僕は欲しい
誰か情熱を持って僕を大切にしてくれる人
全ての思いと
全ての呼吸で
別な灯りの下で
僕に物を見させてくれる人
嫌っていた全てのものを
好きにさせてくれる人
僕は誰にも
縛られたくないから
そういったことを
わざと避けようとしている
でも眠りに就く時
誰が欲しくなる
肩枕をしてくれる人
そして優しくキスをしてくれる人
でもそんなことを考えると
嫌気がしてくる
そんな事態になったなら
僕は逃げ出したくなると思う
あぁ...。