SYCO訳


原文はここにあります


Bird on the Wire
Hallelujah
True Love Leaves No Traces

Hallelujah

たった今僕は秘密のコード聴いた
ダビデが主を称えるために奏でた曲
でもほんとは君は音楽なんてどうでもいいんだろう?
それはこんな感じ
4度和音、5度和音
マイナーで下がり、メジャーであがる
混乱した王はハレルヤを作った
ハレルヤ
ハレルヤ
ハレルヤ


君の信仰は強かったが証明する物が欲しかった
君は彼女が屋上で入浴しているのを見た
その美しさと月の光が君を打倒し
君は台所の椅子から
動けなくなる
彼女は君の王座を壊し君の髪を切る
そして君の唇にハレルヤを歌わせる
ハレルヤ ハレルヤ
ハレルヤ ハレルヤ


君は僕が無闇にその名を唱えたと言う
僕はその名さえ知らないのに
でももし僕がそれをやったなら それはきっと君のためなのではないか
全ての言葉に
輝く炎が伴う
君がどちらの言葉を聞こうと関係無い
聖なる言葉であろうと、壊れたハレルヤであろうと
ハレルヤ ハレルヤ
ハレルヤ ハレルヤ

僕は力の限りやった でもそれは充分じゃなかった
感覚が無くなったので、触れようとした
僕は真実を告げた 君を騙しに来たのではなかった
それがたとえ
全て裏面に出たとしても 
神の歌の前に立とう
口にできるのはハレルヤだけ

ハレルヤ ハレルヤ
ハレルヤ ハレルヤ
ハレルヤ ハレルヤ
ハレルヤ ハレルヤ
ハレルヤ ハレルヤ
ハレルヤ ハレルヤ
ハレルヤ ハレルヤ
ハレルヤ ハレルヤ

True Love Leaves No Traces

緑の濃い丘にかかる
l霧が木の葉に跡を残さないように
僕のからだは君に
傷を残さない
暗闇で窓から
子供が入ってきて、また出て行く
まるで的のない弓矢のように
雪でできた足かせのように

真の愛は跡を残さない
君と僕がそうだとしたら
抱き合う中で見失う
太陽の光の中の星のように

落ち葉が空中で
 一瞬止まるように、
君の頭は僕の胸の上に
僕の手は君の髪に

夜が幾日も
月や星の無い空に耐えるように
たとえどちらかが遠くに行ったとしても
僕らは耐えていくだろう

真の愛は跡を残さない
君と僕がそうだとしたら
抱き合う中で見失う
太陽の光の中の星のように




Bird on the Wire

電線に止まる一羽の鳥のように
真夜中に聖歌を歌う酔っ払いのように
僕は自由になろうと試みた
釣り針の先のミミズのように
昔話の騎士のように
僕のリボンは全部君のためにとっておいた
もし僕が君に冷たかったら
そのままにしておいて欲しい
もし僕が誠実でなかったとしたら
君に対してではないとわかって欲しい

死んだまま生まれた子供のように
角を持った野獣のように
僕は自分に手を差し伸べる人全てを傷つけた
でも、この歌で誓う
今まで犯してきた数々の間違い
全て、君に謝罪する
着の杖に寄りかかってる物乞いが
僕に『ねだり過ぎるのはよくない』と言った
薄暗い戸口に寄りかかってる奇麗な女が
僕に『何でもっとねだらないの?』と叫んだ

電線に止まる一羽の鳥のように
真夜中に聖歌を歌う酔っ払いのように
僕は自由になろうと試みた