ARCTIC MONKEYS
SYCO訳

原文はここ

A CERTAIN ROMANCE
そう、あいつらは高いリーボックスとか、
履き古したコンバースとか
ジャージのパンツの裾を靴下にたくしいれて履いているかもしれないが
何か意味があるのかな。
俺が言いたいのは、そこには何もロマンが無いってこと
おまけに、あいつらは真実が見えて無いってこと
多分おれを一発殴りたいんじゃないかな
でもあいつらを見たなら、俺の何を言ってるかわかると思う
あそこには何もロマンが無いってことがね

わかるだろ、おもしろいことにさ、
もしそれを奴らに言ったとするだろ、
一晩中かかってさ、
でも奴らは聞く耳さえ持たないんだ
だって頭がこちこちだから
もちろんそのまんまでもいいんだけどね

そしてあそこには骨折した奴がいるし、
音楽が聞こえても、着メロだったりで
シャーロックホームズじゃなくても
どこかおかしいってわかるよ

誤解しないで欲しい。 ただ群れているだけの奴もいる
でもビリヤードのキューを持ってけんかしている奴や
缶ビールを2,3個空けただけで、
アホみたいに振舞っていいと勘違いしてる奴ともいるんだ

わかるだろ、おもしろいことにさ、
もしそれを奴らに言ったとするだろ、
一晩中かかってさ、
でも奴らは聞く耳さえ持たないんだ
だって頭がこちこちだから
もちろんそのまんまでもいいんだけどね

でも俺は言ったよ
嫌だ、やめとく
俺を行かせはしないだろ
何処へも行かない、何処へもごめんだ
俺は行かないぜ
絶対ごめんだ

あそこにいるのは俺の仲間だ
言いたかないが、随分長い付き合いだ
もちろん度を越した騒ぎを起こす
でも俺は同じように怒ったりできないんだよ
あいつらのやり方を真似できない
同じように怒れない
Oh no, oh no no